びまん性脱毛症



びまん性脱毛症の原因とは

びまん性脱毛症は男性型脱毛症に似た症状で、女性によく見られます。
部分的でなく髪の毛全体が薄くなり、症状に気づくまで時間がかかります。
抜け毛が増えたり髪の毛の艶がなくなったりします。びまん性脱毛症の原因は加齢です。
女性ホルモンは年齢が上がると分泌量が減り、更年期にホルモンバランスに大きな変化があります。
男性型脱毛症の原因でもある男性ホルモンの量が増えるので、髪の毛が抜けるスピードが速いです。
頭皮を潤った状態で維持するコラーゲンも少ないので、乾燥も薄毛を進行させます。

若い女性でびまん性脱毛症になるのは、ストレスや食生活の乱れによるものです。
ストレスは自律神経のバランスを崩して血管を収縮させるので、髪の毛に栄養が届かなくなります。
ストレスを解消するには、適度な運動や趣味などでリフレッシュすることが重要です。
また無理にダイエットをするのも栄養不足を引き起こします。
体全体が栄養不足に陥ると生命維持に関わらない毛髪には栄養があまり供給されません。
特にファーストフードや肉類など動物性脂肪の多い食べ物ばかりを食べるとさらに血行が悪化するため、野菜を中心に栄養バランスを整えます。
一時的なびまん性脱毛症の原因に経口避妊薬の服用が関係しています。
女性ホルモンを配合した経口避妊薬は妊娠時のようなホルモンバランスへと急激に変えます。
服用中は女性ホルモンが増加して脱毛が減りますが、中止すると脱毛が始まります。

フィナステリドのAGAへの効果

ある程度年齢を重ねた男性にとって、抜け毛や薄毛などの頭髪のトラブルは非常に深刻な問題です。
単純に見た目の印象が悪くなってしまうということだけではなく、男性としての自信喪失など、精神的にも大きな影響を及ぼします。
こうしたAGAの治療は最近では日本でも積極的に行われるようになり、おおくの薬品の開発が進められています。
有名な成分としてはプロペシアやミノキシジルがありますが、AGAに対して有効な作用を示すとされる成分はこの二つのみです。
フィナステリドはプロペシアの系統に属するAGA治療薬の一つで、有効な治療方法として多くの利用者の方から高い評価を得ている薬です。
フィナステリドはホルモンに影響を与えてAGAを治療する薬なので、ミノキシジルよりも根本的な治療効果を示す一方、体質によっては副作用などを示す場合もあります。
メカニズムとしては、男性ホルモンテストステロンをAGAの原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させる酵素、2型5-α還元酵素の作用を阻害することによってAGAを治療します。
DHT(ジヒドロテストステロン)自体が脱毛を起こす成分であるため、それを阻害するフィナステリドでは発毛効果は期待できないの、そこから頭皮マッサージなどにより発毛を人為的に促すことが、よりよいAGAの治療につながるといわれています。
フィナステリドは全国のAGA治療病院などで処方してもらうことができます。

AGA治療薬・プロペシア

男性で頭頂部の髪が以前より薄くなっていたり額の生え際が気になるなど薄毛について気にする人は少なくありません。
このような男性に多く見られるAGA(男性型脱毛症)は思春期以降に症状が進行していき、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が原因とされています。
対策をしないまま放置すると髪は減り続けてしまうため、AGAに該当する症状を感じたら早急にケアが必要になります。 その治療法として用いられている薬に「プロペシア」の服用があります。
AGA治療法で使用されることが多いプロペシアには薄毛の進行を遅らせる効果があり、発毛環境を整える育毛剤・ミノキシジルと併用するとプロペシアのみのケアよりより良い効果があるとされています。
プロペシアの効果は髪の生え際と特に頭頂部の薄毛の進行を遅らせる効果が高いといわれており、薄毛に悩む男性たちの治療に役立っています。
しかしこの薬は厚生労働省から個人輸入を注意すべきであると注意喚起が出されており、妊娠している女性が使用した場合、男の胎児の生殖器に異常が起きる可能性が示唆されています。
もともとこの薬は男性専用医療薬として開発されていることから米国食品医薬品省(FDA)で公表された注意事項には女性や小児には使用してはならないと明示されています。 このことからもプロペシアは医師の処方箋が必要なため個人輸入を安易におこなわないよう注意が必要です。
また服用する際には薬の錠剤を割って飲んだり家族などの他人へ譲渡するなども禁止しており、服用の際には専門の医療機関で症状を診断してもらった上で適切な判断をしてもらうようにしましょう。

ミノキシジルにはどのような効果があるのか

薄毛の治療には薬が使われることが多いですが、直接頭皮につけるタイプの薬にミノキシジルがあります。
これは薄毛治療に医療機関でもよく処方されている薬ですし、薬局でもミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。
高い改善効果を期待できる薬ですが、使用前にはその特徴をよく理解しておきましょう。

ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された薬で、もともとは経口投与されていました。
そして服用していた人に体毛が増えるという副作用が見られたことから頭皮に対しても外用薬としても使われるようになりました。
ミノキシジルは血行を良くする働きがあり、頭頂部の薄毛に良い改善が得られるとされています。
単体で使うこともありますが、飲むタイプの育毛剤であるプロペシアと合わせて使うことでより効果的ということで、一緒に処方されることも多くなっています。
男性型脱毛症の治療によく利用されている薬ですが、最近では女性の薄毛改善にも役立てられています。

このほかにも飲むタイプのミノキシジルタブレットもあり、こちらも血行の改善に役立っています。
男性の脱毛症にも女性の脱毛症にも効果的な薬ですが、それぞれ濃度が違いますので、性別に合うものを使うことが大切です。

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発されていますので、もともと低血圧という人は服用には注意が必要です。
すでに降圧剤を利用している人も使用がふさわしくないこともありますので、まずは医師に相談してみましょう。

女性型脱毛症の特徴を知ろう

髪が薄くなる、抜け毛がかなり増えてしまう脱毛症の症状で悩む人は多いですが、今は良い治療方法も多く登場していますので早めに治療を行うと良い改善も期待することができます。

脱毛症の中でも特に男性型脱毛症は良く知られている存在ですが、やはり女性にも髪に悩む人は多く女性型脱毛症と呼ばれる症状もあります。

女性型脱毛症の場合はまず、男性の場合とは違い、頭頂部が極端に薄くなるなどの症状が出ることは少なくなっています。
女性型脱毛症はびまん性脱毛症とも呼ばれており、全体的にボリュームダウンしていくことが特徴的です。
30代後半ぐらいから起こりやすい症状で髪がぺしゃんこになる、地肌が透けやすくなる、さらにつむじや分け目が広がることもあります。

改善のためにはその原因についても知っておきたいですが、まずはホルモンバランスの変化があります。妊娠出産の影響で一時的に髪が多く抜けることもありますし、更年期の女性にもおきやすい症状です。

さらに精神的なストレスが影響していることもありますし、過剰なパーマ、ヘアカラー、ヘアケアなども髪を抜けやすくしてしまいます。
このほかで考えられる原因としては過激なダイエットもあります。早く痩せたいからとサラダだけなど極端な食事制限をしてしまうと髪の成長に必要な栄養素が不足してしまうこともあります。

さらに血流の悪さが髪の成長に影響している場合もありますので、血行不良の症状がある人はこちらも改善を考えたいところです。

自然な仕上がりを実現する自毛植毛について

薄毛治療の中でも優れた治療法とされているのが自毛植毛と呼ばれる方法です。
自毛植毛とは自分自身の毛を薄くなっている箇所に移すことによって髪の毛を生やしていくという方法で、移す毛自体は自分自身のものであることから、拒絶反応による副作用的な危険性がなく安全で、周りの毛と同じように成長していくことからとにかく見た目的に違和感がありません。

更にこの方法で髪を植え付けるとその後中々抜けにくく、治療を行うクリニックによっては実に95パーセント程の定着率があるとさえ言われています。

このようなことから薄毛の治療には大変優れているとされている自毛植毛ですが、効果が優れているがゆえに治療費が高くつきます。

費用の目安としては頭頂部の広い範囲で行うとなると数百万円かかり、前頭部の狭い範囲で行うにしても30~50万円程度はかかります。

ちなみに自毛植毛は自由診療に該当するので、国民健康保険が利かないので上記のような費用がそのまま必要になってきます。

ただ他の育毛剤を使用するやり方にしても髪の毛が増えるのはあくまで一時的でしかも精力が減退するといった副作用もあったり、かつらを使用する場合や人工毛植毛をする場合だと見た目が不自然であることから、周囲の目が気になってそれがストレスになるという事もあります。

このようなことから薄毛がある程度進行している場合であれば、費用こそ高いものの最初から自毛植毛で治療をする方が長い目で見れば効率的であるといった事も言われています。

人工毛植毛のメリットとデメリットを知る

薄毛治療にも様々な種類がありますが、薬で良い改善が得られない場合は植毛治療も検討してみましょう。
植毛は髪が薄くなった部分に直接髪を植え込み、ボリュームをアップしていく治療です。
そしてその治療にも自毛植毛と人工毛植毛という方法があります。
まう、自毛植毛の場合は、自らの髪の一部を薄くなった部分に植え込む方法で、定着後は基本的にメンテナンスフリーです。
すぐに理想のボリュームが得られるのではなく、髪が伸びるまでの期間は待つ必要があります。

人工毛植毛は自毛ではなく、人工毛を使いますので、頭皮から髪を採取する必要はありません。
そして、人工毛植毛の場合は髪が伸びるのを待つ必要はなく、すぐに理想のボリュームが得られるというメリットがあります。
自毛ではないものの、カツラよりも自然な仕上がりとなり、シャンプーもそのまま行うことができます。

人工毛植毛の場合はすぐにボリュームが得られる、髪を採取する手術が必要ないというメリットがありますが、やはりデメリットについても知っておく必要があります。
まず、本物の髪ではないので、人によっては拒絶反応が出てしまうことがあります。
そして、自毛植毛の場合は一度抜けても、髪は伸び続けてくれますが、自毛ではない人工毛は一度抜けてしまうと生えてくることはありません。

それゆえにだんだんとボリュームもダウンしていきますので、良い状態をキープするためには定期的にメンテナンスを行っていく必要があります。

AGA(男性型脱毛症)の治療方法

男性の中で歳を重ねるたびに薄毛が気になるという人も多くいらっしゃいます。
このような男性に多く見られる頭頂部や生え際などの薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれており、この症状に悩む人は1200万人以上にも及ぶとされています。
そんなAGAはケアをまったくしないで放置すると症状がどんどん進行してしまうため早急な治療が必要になってきます。
そんな恐ろしい脱毛症に対して現在では専門の医療機関があり、治療がしやすい環境にあります。
また、治療薬として発毛効果が認められた内服薬や育毛剤もあることから脱毛症のケアが以前よりやりやすくなっています。
また、治療薬以外にも発毛に良いとされる生活習慣や食生活をすることで薄毛が改善されたという話もあります。
髪が生えている頭皮は血行不良によって硬くなると発毛で重要な毛乳頭細胞へ栄養が運ばれなくなるといわれています。
血行不良はタバコの喫煙でもなってしまうことからタバコの喫煙を避けるのも大切です。
そんな血行不良を解消するためにシャンプーをするときに頭皮をマッサージしたり、栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
特に亜鉛は髪を作る上でたんぱく質を合成してくる働きがあるため継続的に摂取することをおすすめします。
また、その亜鉛の吸収を阻害するポリリン酸が含まれることが多いジャンクフードはなるべく避けたほうが良いでしょう。
これらのことを注意して治療薬や生活習慣の改善による頭皮ケアをするようにしましょう。